腸活

ビフィズス菌と乳酸菌どっちを摂るべき?知って得する二つの違い

腸内環境を整えたいねんけど、ヨーグルトにも乳酸菌入りとビフィズス菌入りがあるな。どっちを摂ればええんや。
 

こうした疑問あるかと思います。

乳酸菌、ビフィズス菌は腸内環境にとって大事な善玉菌の代表格ですが、それぞれ役割が異なります。

それぞれの役割を理解し、自分にとって必要なのは、どちらか選んでいきましょう。

 

乳酸菌の特徴と役割

乳酸菌は主にヒトや動物の小腸に生息し働いています。

加えて、牛乳や乳製品、発酵食品に生息することができ、乳酸菌はビフィズス菌と違い、酸素にも強く、口から摂取し易い菌です。

主な役割としては、糖質を分解することで、乳酸と酢酸を発生させ、悪玉菌の増殖や定着を防ぎます。

また、食事やサプリメントで摂取した栄養素を吸収しやすくする働きもあり、プロテインの吸収を高めることを目的とした、乳酸菌入りプロテインなんかも出ていますね。

最近では、腸内の免疫細胞を刺激し、免疫力をアップさせる役割にも注目が集まっていますね。

ビフィズス菌の特徴と役割

ビフィズス菌はヒトや動物の腸管にのみ生息しており、そのほとんどが大腸に集まっています

小腸で栄養が吸収されたいらないものを外に排泄する役割を担っています。

加えて、ビフィズス菌も乳酸菌同様に糖の分解により、乳酸と酢酸を作り出しますが、乳酸菌よりも大量の酢酸を作り出し、大腸での悪玉菌の増殖・定着を抑える役割もあります。

ビフィズス菌の最大の特徴は、加齢により激減することです。

ビフィズス菌は、乳児の時が最も多く在ります。その理由としては、母乳に含まれる母乳オリゴ糖がビフィズス菌を活性化させることで、腸内菌叢(腸内フローラ)におけるビフィズス菌が優位な状態になるためです。しかしながら、ビフィズス菌は以下の通り加齢により、減少します。

  • 乳児で99%
  • 成人で10%
  • 60歳以上で1%

と変化していきます。

大腸のおけるビフィズス菌の減少は、悪玉菌優位の腸内フローラを生み出し、大腸での免疫力を低下させ、発がん性物質への抵抗力も下がってしまいます。

最近は、宿便という言葉がありますが、大腸の働きが弱ると排泄物が滞留し、毒素を出し続けることになります。

国立がん研究センターの統計では、ここ数年は大腸がんの疾患率が1位となっていますが、年齢が上がるほどに、大腸の環境を整えることを意識することが大変重要です。

乳酸菌とビフィズス菌の使い分け

 

乳酸菌とビフィズス菌の役割を改めてまとめると

 

乳酸菌は、小腸で活動し、主に食物やサプリメントからの栄養素の吸収を助かる役割がある。加えて、免疫力を向上させる役割も持っている。

ビフィズス菌は、主に大腸で活動し、栄養素が無くなり要らなくなったものをしっかり排泄する役割を担っている。

 

どちらの菌も悪玉菌の増殖と定着を抑える役割があり、腸内環境を保つために重要。

つまり、吸収、排泄のリズムを保つためには、どちらも大事な訳ですが、大腸がんのリスクを考えると、成人以降は積極的にビフィズス菌を摂取したいところです。

ここで気になるのが、自分の腸内には乳酸菌とビフィズス菌がどのように生息しているかです。

私はこの疑問を解決するために、自分の腸内フローラの状態を検査してみました。

その結果、ビフィズス菌が少ないことが分かり、ビフィズス菌含有のヨーグルトを摂取するようにしています。

詳しくは、以下の記事に詳しく記載しています。

Mykinsoの検査結果でビフィズス菌が少ないことが示されています。

Mykinsoの検査結果でビフィズス菌が少ないことが示されています。


検査結果が見えるかされ、フィードバックがもらえます。

参考【レビュー】自宅でできる腸内フローラ検査「Mykinso」を使ってみた!

なんや、そういえばずっと腹の調子良くないなぁ。 お腹の中どないなっとるんやろか こんな感じで、なんとなく毎日もやもやしている方は居ませんでしょうか?私はまさにこんな感じでして、物心付いた時から快調な日 ...

続きを見る



乳酸菌とビフィズス菌の摂取における注意点

乳酸菌もビフィズス菌も腸内に定着することができません。

摂取後は、おおよそ48時間程度で排泄と一緒に体外に排出されてしまうと言われています。

つまり、継続的に摂取することが求められます。

乳酸菌については、イメージし易いヨーグルトだけではなく、飲料やキムチ、納豆、味噌汁といった発酵食品からも摂れるので、食事のバランスを考えて、三食で摂ると効果的です。

一方で、問題はビフィズス菌です。

ビフィズス菌は酸素に弱く、食品から摂取することが極めて困難であり、必然的にビフィズス菌不足の状態に陥ってしまいます。

私の場合は、王道ですが、森永乳業さんのビヒダスにお世話になっています。

生きたままビフィズス菌を腸に届けられるヨーグルトは残念ながら多くありません。

ビヒダスの写真です

食事の一環で毎日ヨーグルトから摂るようにしているのですが、一日100g程度食べる必要があります。

大さじで9杯分程度で、少し面倒ではあります。また、ヨーグルトが苦手な人にも厳しいですね。

その場合は、1日1錠で事足りるサプリメントもあります。

また、乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌が活発に働くためには、エサを与える必要があります。

乳酸菌やビフィズス菌のエサは、主に食物繊維やオリゴ糖になります。ヨーグルトを単体で食べるのではなく、キウイ糖のフルーツやオリゴ糖を付加してあげると良いです。

 

まとめ

乳酸菌は小腸で、ビフィズス菌は大腸でそれぞれの役割を果たしています。

食べ物からの栄養素を効率良く摂るためには、乳酸菌を積極的に摂取し、不要物を身体から出すために、ビフィズス菌にもしっかり働いてもらいましょう。

腸内環境をしっかり整え、健康でスッキリ生活を送りましょう。

-腸活
-

Copyright© りーまんらいふ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.